« 冲方さん… | トップページ | 下妻って地名だったのか »

2004.06.03

ラッシュライフ読了

「ラッシュライフ」(伊坂幸太郎)を読みました。

ウホッ!!おもしれえ!!

あらすじ
すべては金で買えないものは無いと信念を持つ富豪、戸田。彼は常と変わらず自信に満ち溢れていた。
絵を書くのが好きな新興宗教の信者、河原崎。彼は神を殺すことを持ちかけられた。
独自の美学を持った一匹狼の泥棒、黒澤。彼は入念な準備を重ねた仕事にとりかかろうとしていた。
地位と名誉を何よりも尊ぶ精神カウンセラー、京子。彼女は不倫相手の妻を殺害する事を企てていた。
再就職の当ても無いまま日々を送る失業者、豊田。彼は行き詰まった人生に絶望していた。

一見無関係な彼らの物語がほんのわずかづつ繋がってゆき、ひとつの物語が生み出されてゆく。
人生は不条理ばかり起こるけど、読み終わった後にはほんの少しそんな人生も悪くないかも。そんな風に思わされる一作かもしれません。

大変面白い。この作者は小説がとても上手いのですね。それぞれがてんでばらばらな話のように見せかけて、それがつながっていくという手法は、実のところそれほど奇抜な発想ではないでしょう。しかし、そのつなげ方が大変素晴らしい。単につなげるだけではなく、それが確かな感動につながっています。

内容自体は、ただひたすらに面白くて面白い話ですので安心して読めます。

|

« 冲方さん… | トップページ | 下妻って地名だったのか »

コメント

最近、誰一人誉めていない「リアル鬼ごっこ」という作品が気になるのだが、吉兆先生読んでる?

投稿: 背徳志願 | 2004.06.03 23:40

すいません、レスが遅れました。

「リアル鬼ごっこ」は読んでいません。残念ながら。たぶん、僕が買うことは無いと思います…。
褒めている人がいない割にはけっこう売れているみたいですね。

あ、文庫版が最近出たみたいですけど、内容は全面改稿されているらしいです。普通の駄目小説になっていると聞きますね。

ノベルス版を古本屋で探した方が良いのかもしれませんね。

投稿: 吉兆 | 2004.06.06 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/707037

この記事へのトラックバック一覧です: ラッシュライフ読了:

« 冲方さん… | トップページ | 下妻って地名だったのか »