« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

復活の地Ⅰ読了

来た。

来ました。

プロローグを読んだ瞬間、傑作の香りがしましたよ(僕限定)。
読んだ瞬間に「これは間違いねえ!」と確信できたのは、最近ではマルドゥック・スクランブル以来ですね。

惑星統一を果たしたレンカ帝国の首都トレンカにおいて、突如として大地震が起こった。その地震は、首都に想像を絶する被害をもたらし、さらには国会を瞬時に壊滅させた。政策をとるべき皇帝、政治家たちのほとんどを失い、レンカ帝国は未曾有の危機を迎える事になる。植民地総督府の官僚であったセイオは、国会に向う最中に災害に直面する。セイオは己の職分を果たすべく被害者の救助に全力を注ぐが、しかし、そのセイオの前に立ちはだかったのは、お互いの足を引っ張ることしか知らない無能な官僚達であった…。

熱い、熱すぎる。
圧倒的な苦境の中、しかし、己の信じるもののため、不条理に抗い立ち向かうと言うのは、まさしくヒーロー物の王道とすら言えるでしょう。そのヒーロー物の王道のストーリーを、主人公を高級官僚、立ち向かう敵は大災害、障害となるは味方である筈の官僚と置き換えた話と考えてみると面白いかもしれません。

大枠としては災害パニック物であり、非常時における人間の愚かさがひたすら書かれているわけですが、この作者の特徴として、常に物語に希望を求める傾向があり、決して後味は悪くありません。
主人公のセイオや、善意の人たちの行為は決して無駄にはならない為、非常に安心感があります。この辺は、逆にご都合主義と避難されかねない所ですが…。
そこは、作者の個性でしょうね。

また、キャラクター小説としても大変面白く、主人公のセイオを単純な熱血漢にしなかったのも良かったですね。むしろ、冷静で皮肉屋で権威におもねることなく、また人間性に対しても見切ってしまっているような屈折を抱えたキャラクターとなっています。その分、彼が職分を果たそうと言う姿にたまらない熱さが引き立つように思いました。
初登場のシーンからしてかっこいい。

色の濃いデータグラスの向こうに、かすかに瞳が透けて見えた。スミルは、彼のどの言葉よりも確かなものをそこに見た。涙も涸れ果てたように充血しきって、底知れぬほど深い疲労とやり場のない怒りがたたえられていた。けれども、それらの凶暴な情念をねじ伏せるだけの強靱きわまりない意志の火も、そこにあった。

た、たまらん。

一巻の段階では紛れも無く傑作。全三巻との事なので、今後の展開が期待されます。
終わり方次第では、SF大賞も夢じゃないじゃないかな…と妄想中であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.28

マンガ版と小説版

Webを眺めていると、大岩版NHKは、佐藤や山崎がイケメンすぎるとか岬ちゃんが可愛すぎるとか言われている感じがします。僕自身、大岩版を読んだ瞬間は違和感を感じたので、その気持ちはわからないでもないです。

これは何でかと言えば、引きこもりのアニメオタクでロリコンに対するイメージとして、汚い臭い醜いというイメージが自然とわいてしまうからでしょう。
しかし、実際のところ、小説では佐藤くんの外見的描写はほとんどされていないのですね。されているところは、一人称小説と言うこともあって、極度に主観的な描写に従事しています。それも読者に対してイメージを強化することにもなったのでしょう。

面白いのは、滝本竜彦がはじめて素顔を公開した時も、「あんな小説書いているくせに、なんだよあのハンサムガイはと(もちろん、これは言いすぎですが)反応された事です。実際、滝本竜彦は顔立ちだけを見ればけっこうかっこいいし、小説家としてそれなりに支持もされていて実はけっこうハッピー?なのかも。(無論、幸不幸なんて本人にしかわからない事ですけど…)
読者としては裏切られた気持ちだったのかもしれないですね。

なんとなく、漫画版に対する反応と似ているような気がします。あんな駄目なやつなんだからあんなにかっこいいはずが無い、という願望にも似た感情というか。

さて、それでなぜマンガ版の佐藤くんはあんなにかっこいいのか、と考えてみるとこれは人称の違いのせいではないかと。つまり、小説はそのまま滝本竜彦の一人称であり、主観的な作品。漫画は小説を大岩ケンヂのフィルターに通した、すなわち三人称の作品。
主人公の佐藤くんが作者の分身であるとすれば、今の佐藤くんは他者から見た滝本竜彦と言うことになります。だから、佐藤くんはかっこいいし、才能もある主人公になるわけですね。

だからどうしたと言う結論ですな…だからなんなんだ?
まあ、大岩ケンヂは才能がある漫画家だな、ということで(無理やり)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKにようこそ!! マンガ版

いかん、面白すぎて死にたくなる。

引きこもりライフの最先端に位置する引きこもり作家、滝本竜彦の同名小説を、大岩ケンヂがコミック化。
およそコミックに向いている作品だとは思えなかったのですが…これは、大岩氏の実力でしょうか。
乙一原作「GOTH」も原作とは一味違った面白さがあったので、やっぱりそうかもしれません。

基本的に引きこもりを続ける主人公の(主観的には)どん底の生活を、これでもかと言わんばかりのオタクネタを費やして駄目人間ぶりを描写しながら、暴走と自爆を繰り返す主人公の視線を通じて描き出しております。
いやー素晴らしいですね。腹がよじれるほど笑いながら鬱になれます。

「分かっちゃいるけどやめられない」「だめだだめだと思いつつもどうすればいいのかわからない」「自分に対する怒りや嫌悪に押しつぶされる」という駄目人間的な感覚に共感が出来る方にはお勧めです。漫画版は、主人公のルックスとかヒロインである岬ちゃんの美少女ぶりも三割増になっていて一般性(オタク受け?)は増しているので、原作を読む気はしねーなー、という人にもお勧めです。出来れば原作もよんでほしーなー。

ちなみに僕は…、まあ主人公のことは他人事とはおもえませんね。読んでいると嫌な汗とかでてきそーだ。ってゆーかこいつは俺だ!とか。
誰か助けてくれー。

…まー結局自分を助けられるのは自分だけなんですけどね…。なかなか上手くいかないのがやるせないが、しょうがーねーだろそんなもん(逆切れ)(何に?)!!

あ、原作者、滝本竜彦のデビュー作「ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ」の文庫版が、先日発売になっておりました。
生きる事がしんどくてめんどくさいと思っている人にお勧めです(対象10代~20代まで)。

全然癒されません。むしろ死にたくなります。笑いながら。
なぜか西尾維新が解説書いているので興味のある方はどーぞ。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2004.06.27

いつのまにか

ちょっと気が付くのが遅れたけど、蒼穹のファフナーのHPにて番組宣伝が追加されておりますな。

…ん?来週か、放送日(今ごろ気が付いた)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.25

長かった…

いやまったく。

とゆーわけでついにこれを買ってきました。
ゼノサーガ・エピソードⅡであります。
色々といいたい事はあれど、言葉には出来ず。取り合えず一言だけ。
 
 
 
オタク臭くないゼノサーガなんぞゼノサーガじゃねえ。(ひどい言い様だ)
 
 
 
いや、ゼノサーガってのは、アニメ・マンガネタをこれでもかと詰め込み、記号的要素で全体を満たしたうえに衒学的な台詞回し、神がかった演出とやたらと伏線だらけのストーリーテリングが融合したとてつもなく胡散臭い、しかし、それゆえの味がある作品だったんですよ!それが何だ!!みょーにおしゃれな画面デザインにしやがって!キャラデザを一般向けにしおって!!このこの!!!
 
……まあ、クリアしてから最終的な結論を出したいと思いますです、はい。

それにしてもオマケでついてきたエピソードⅠのダイジェストストーリー…5時間近く収録されているそうな。
…エピソードⅠ、いらないじゃん。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2004.06.24

またまたそういえば

ヴァンパイヤー戦争1、2も読み終えていたのでした。
矢吹駈シリーズを読んだ印象からはあまりにもかけ離れた内容は、ある意味衝撃的でした。

それにしても、主人公のものすごい行き当たりばったり振りには、見ていて爽快感すら覚えますな。
内容は「主人公が何にも考えずに目的に向かう→当然のごとくピンチに陥る→なんだかわからないが偶然助かる→とりあえず敵は皆殺し→美女とセックス」が基本であり、ストーリーはこれを繰り返しているだけなんですが、なぜかやたらと面白い。

いわゆる、男の願望のてんこもり丼といったところでしょうな。主人公の、自らの肉体性に対する信仰が、なぜか子供の頃の憧れを思い起こさせます。ガキの時は、なんだかよくわからないがひたすら強い者に憧れたよなあ…。

武内崇の絵は、まあ、そんなに思っていたほどじゃなかったな。誰がどう見たってライトノベルにしか見えないけど…。
まあ、キキだけは萌えたからよしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.19

冲方丁のムービー

なにやら、「マルドゥック・スクランブル」(冲方丁 著)のプロモーション・ムービーが公開されているようです。
ちょっと短いですけど、雰囲気は出てます。…しかし、小説のプロモってのも珍しいことをしているなあ。
http://www.kh.rim.or.jp/~tow/mardoch-promo_low.wmv
うーむ…まあ、マルドゥック・スクランブルらしいといえばらしい内容なのだけど…内容を全然知らない人が見たら誤解しそうな気が…。まあ、2分であの内容を要約するのは不可能ですけども。

マルドゥック・スクランブルといえば、今年度の日本SF大賞において、大賞を受賞した作品。…前にも書いたっけ…。
秋には続編が決定されているそうで、また全三巻らしいですね。
他にも連載中の小説を書いているんだから…まったくものすごい仕事量です…。小説を年に5~6冊書いて、漫画の原作を書いて、TVアニメのストーリーを作って…。

そうそう、冲方丁がストーリー(どうやら原案と企画のようだ)を作ったTVアニメ、「蒼穹のファフナー」が放送が迫っており、大期待中であります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.06.17

そういえば

空の境界を読了しました。
…3回目ですけど。

もうね、我ながらアホかと。しかも読んでる最中は、思いっきり楽しんでしまっているところがまた始末に終えない。
もはや、TYPE-MOONの信者以外何者でもないな…。

ともあれ空の境界、読み終わりましたが…前に読んでから、大分時間が経っているせいか、とても新鮮な気持ちで読ました。内容の方は相変わらず…小説としては駄目ですな。いや、大変面白いのですけどね。

作者の奈須きのこというのは、小説家としてはとてもバランスが悪いタイプだと思います。
過剰に過剰を重ねた文体、濃密過ぎる世界観を描写するための畳み掛ける説明台詞、どうしようもないほど破綻しまくったキャラクター。どれをとっても、エンターテインメント小説としての観点から見ると減点対象ばかりです。

しかし、奈須きのこはそう言った欠点をすべてカバーしてあり余るものがある、と思うのです。
どこがどう、と指摘する事は僕には出来ないのですけれども。

なんか、全然本の感想になっていないな…(いつもか)。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2004.06.13

「荊の城」読了

度重なるどんでん返しが続くジェットコースターノベル!!百合もあるよ!(やや誇張あり)

「荊の城」 サラ・ウォーターズ

あらすじ
19世紀半ばのロンドン。17歳になる少女スウは、下町で掏模を生業として暮らしていた。そんな彼女に顔見知りの詐欺師がある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その財産をそっくり奪い取ろうというのだ。スウの役割は令嬢の新しい侍女。スウは迷いながらも、話に乗ることにするのだが…。

というのがあらすじだが、まったくくと言っても良いほど内容を説明してません。言うなれば、プロローグの要約のあらすじのようなもの。このあらすじから、本の展開を予想する事はかなり困難といえます。

それにしても、感想の書きにくい話だ…。
最初は掏模の少女と令嬢との友情物語のように話は展開してゆきます。だます者とだまされる者との間に生まれる淡い感情。そこから生み出される葛藤。ところが…。

とにかく、次から次へと意外な事実が明らかにされ、読者を強烈にひきつけます。どんでん返しにつぐどんでん返しは、まるで本格ミステリでも読んでいるかのようでした。

どちらかといえば、耽美とさえいえる作風なのに…おかしいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.09

やっちまった…

我ながら取り返しのつかない事をやってしまいました…。

まあ、20数年間生きてきて、数え切れないほどの愚かな失敗を繰り返してきたわけですが、とりわけ自分でもその選択が間違いだとわかっているのに、その選択をあえて、そしてみすみす選んでしまうというのはさすがに多くは無い、気がする。

今回は、その数少ない、間違いだと知りつつ大失敗をやってしまったケースである。

要するに、「空の境界 上・下」を買ってしまったんですね。

すでに同人版を持っているのに…。
内容を3回は読み返しているのに…。
さらにドラマCDすら買っているというのに…。

講談社ノベルズ版、買ってしまいました。あはは(乾いた笑い)。
本は読むものであり、コレクターズアイテムではないのが信条だった、潔白だった頃の自分を裏切っちまったっ!!(大袈裟である)。

まあ、過ぎたことはしょうがない、明るく前向きに生きましょう。笠井潔の解説のために買ったと思えば腹も…余計に立つな。が、まあいい。

さてさて内容のほうは、知っている人は知っている、知らない人は知らないだろうから一応解説しておくと、2年間の眠りから目覚め、「直死の魔眼」を手に入れた主人公、両儀式と、式を狙う存在に操られた超常的な能力者たちとのバトルアクション物です。まあ伝奇物というやつですね。
もともとは同人誌で出版されていたんですが、今回講談社に(というよりメフィストに)よって商業作品として出版されることに相成ったわけです。

そのことについては、実にめでたい話で、奈須きのこの一ファンとして喜びの言葉を捧げたいですね。(購入してしまった事はまた、別の問題ですが)

内容自体は変わってはないみたいですけど、ちょっと驚いた事が。
なぜか「Fate /stay night」のチラシが入っている…。えーと、この本は講談社の本ですよね?何で、いちおーエロゲーに分類される作品の広告が入っているわけですか?
例えるなら、川上稔の本にメルティランサーの広告が入っているようなものですよ…ってこれは別におかしくないか。

まあ、なんにせよ、講談社とTYPE-MOON には利害関係もへったくれも無いはずなんですが…わからん。

それはそれとして、帯の新伝綺ってのは一体なんだろうな…。そんな、欠片も存在しないムーブメントを無理やり起こされてもなあ…という気もします。この辺は、メフィスト的というより、ファウスト的ですね。太田(ファウスト)編集長が関わっているんだろうな…。

ん、ひょっとしたら、笠井潔あたりが言い出しっぺのような気もする。笠井潔なら言いかねん。…偏見ですか?

とりあえず、次回のファウストでは、奈須きのこの小説が掲載されるようなので、お楽しみにという所…ってなんだこの執筆陣は。
奈須きのこVS原田宇陀児VS元長征木って…これが「新伝綺」ってことですかーなるほどねー…ってまったく意味ががわかりません。

講談社って…。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2004.06.06

スタチャ…本気だな。

XEBEXで蒼穹のファフナーのキャストが公開されてましたね。
回覧板なのでまわしときましょう。

半分くらい知らない人たちばかりだなあ…。舞台俳優、女優が多いのかな?いや、僕はそーゆーの詳しくないので良くわからないのですが。

しかし、人気声優をそろえれば内容がいまいちでもある程度の人気が見込めるだろうに(別に他意はない)、それをしないというのは…製作者側の意気込みが感じられます。
なんだか期待が持てそうな気がしてきました。

どうでも良いのですが、ヒロイン(?)役の松本まりかさんってどこかで聞いたことがあると思ったら…FF10のリュック役の人ですか。かなり個性的な声をしていたような…って本当にどうでも良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下妻って地名だったのか

意外なことに面白かったです(ひどい)。

下妻物語」を見て来たのでした。
左右を見渡しても女の子とカップルが多く、いやあ居心地の悪い事おびただしい。なんとなーく嫌な汗をかいてしまいましたよ…。

世間と呼ばれるものから、否応無しに爪弾きにされ、自分以外のあらゆる他人を信じず自分ひとりだけの価値を信じて生き抜こうとする少女が、同じように世間から浮いてしまった少女と出会い、初めての友情を得る。この世に存在するのは、自分ひとりではないと知る。

たぶんこれはそーゆー話。

主人公であるフリフリロリータ少女は、どこまで行ってもアウトサイダーであり、本人もそのことを自覚している。他者と協調する(なあなあで済ます)ことが出来ず、常に世間と対立している。だから「人間なんて常に一人なの。一人で生きていかなきゃ行けないの」という主人公の発言は、自分の身を守る防壁であり切実な思いがこめられているように感じる。

それは、もう一人の主人公である暴走族ヤンキー娘も同様で、しかし、常に仲間と友情をもとめるヤンキー娘の強引さがあった。その影響で、確固たる自分の世界を築き上げてきた少女が、ほんのわずかづつ自分以外の世界を受け入れていく過程が描かれているように思えた。

はちゃめちゃな展開と裏腹に、非常に繊細なテーマを扱っているように思えるのは、原作の要素なのかもしれない。興味がわいたので、嶽本野ばらの小説を読んでみようかと思う。

あ、作品の最後にちょっとしたサプライズ。

音楽:菅野よう子

音楽:菅野よう子


僕は事前に知っていたけど、それでも改めてみるとインパクトあるなあ…。
サントラどうしよう。

どうでも良いのですが、隣の席の女子高生うるさかった。
映画を見ているときぐらい静かに見れんのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

ラッシュライフ読了

「ラッシュライフ」(伊坂幸太郎)を読みました。

ウホッ!!おもしれえ!!

あらすじ
すべては金で買えないものは無いと信念を持つ富豪、戸田。彼は常と変わらず自信に満ち溢れていた。
絵を書くのが好きな新興宗教の信者、河原崎。彼は神を殺すことを持ちかけられた。
独自の美学を持った一匹狼の泥棒、黒澤。彼は入念な準備を重ねた仕事にとりかかろうとしていた。
地位と名誉を何よりも尊ぶ精神カウンセラー、京子。彼女は不倫相手の妻を殺害する事を企てていた。
再就職の当ても無いまま日々を送る失業者、豊田。彼は行き詰まった人生に絶望していた。

一見無関係な彼らの物語がほんのわずかづつ繋がってゆき、ひとつの物語が生み出されてゆく。
人生は不条理ばかり起こるけど、読み終わった後にはほんの少しそんな人生も悪くないかも。そんな風に思わされる一作かもしれません。

大変面白い。この作者は小説がとても上手いのですね。それぞれがてんでばらばらな話のように見せかけて、それがつながっていくという手法は、実のところそれほど奇抜な発想ではないでしょう。しかし、そのつなげ方が大変素晴らしい。単につなげるだけではなく、それが確かな感動につながっています。

内容自体は、ただひたすらに面白くて面白い話ですので安心して読めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.01

冲方さん…

冲方氏…ついにマリア様がみてるの評論をしておられる。
なんと言うか、来るべきものが来たか、という感じですね。

冲方氏らしく、「マリア様がみてる」世界におけるキャラ萌え的な考察はなく、作品内における「人間が人間らしくあるにはどうすればよいのか」と言う視点を示唆している。
作品内を俯瞰して見渡す「マリア様の視点」の存在を(あまり突っ込んではいないけど)言及していたり、短いコラムとはいえなかなか面白い。とても、ドクロちゃんの評論を書いた人とは思えない…いやむしろふさわしくもあるか。

なんか最近、冲方氏の話ばっかりしているな…。冲方丁ファンサイトにリニューアルオープンするべきか…?

(追記2004.6.2)
「マリア様がみている」を「マリア様がみてる」に修正。
みているじゃAVですね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »