« 最近のメフィスト賞作家 | トップページ | 本の話 »

2004.05.11

キル・ビルVol.2鑑賞

見てきてしまいました…キル・ビルVol.2。

ある程度の前評判を聞いていたので、前作とは方向性が異なっている事は予想していましたが…マジでラブストーリーでやんの。タランティーノってすげえ。

前回が凄まじくインチキくさいおもちゃ箱的な面白さとすれば、こちらはまさに一組の男女の愛と憎しみと裏切りの物語でした。書いていて、自分でも嘘くさいと思いますが事実です。殺愛(ころしあい、と読む。僕の造語ではありません)ってやつですかね…。

まー中国のカンフー映画に影響をうけたと思われるシーンがあったり、やたら残虐な剣戟があったりと、やっぱりキル・ビルだなーと思わせるところはありますけど。

内容についてはくわしくは触れませんが…あれ、ユマ・サーマンってこんなに美人だったっけ…。前回でやくざ数十人を血祭りに上げ、血と泥にまみれたヒロインとは思えないほどに、Vol.2冒頭の回想シーンにおけるユマ・サーマンはすげえ美人でした。それが、この映画の最大の衝撃といってよいでしょう(お前だけだ)。

ラストも、ばかばかしさと叙情とが絡み合った、笑えばよいのか泣けばよいのかよくわからないラストで実に素晴らしい。あー満足満足。

DVD買おうかなー。

|

« 最近のメフィスト賞作家 | トップページ | 本の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キル・ビルVol.2鑑賞:

« 最近のメフィスト賞作家 | トップページ | 本の話 »