« ライトノベルか… | トップページ | キル・ビルVol.2鑑賞 »

2004.05.11

最近のメフィスト賞作家

最近の講談社、というよりもメフィスト賞はライトノベル化を推進しているのかなあ。
いや、どうでも良い事なんですが、今日、本屋でこれこれを発見してそんな事を思った次第です。

どちらもメフィスト賞受賞作家ですね。一応、どちらの作品も読んだ事がありますが、確かにライトノベルの傾向(特に後者)は強かったとは思います。しかし…とても講談社ノベルスとは思えませんな。
ま、すでに西尾維新の存在がありますから、意外な展開ではないですけど。

もともと、講談社はライトノベルのレーベルが無いので(少女向けはある)、ノベルスの方でライトノベルを展開するつもりなんでしょう。「月姫」で(一部で)有名な奈須きのこの「空の境界」も刊行されるようですし、今後の展開しだいでは面白い事になるかもしれません。

すごく個性的なライトノベルレーベルになりそうで、実はけっこう期待しています。

|

« ライトノベルか… | トップページ | キル・ビルVol.2鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/576093

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のメフィスト賞作家:

« ライトノベルか… | トップページ | キル・ビルVol.2鑑賞 »