« アイシールド21を買いました | トップページ | いやはや »

2004.05.26

小川勝巳を読む

どいつもこいつもクズばっかりだッ!!

「彼岸の奴隷」(小川勝巳 角川文庫)を読んだ。
大変素晴らしい。

警視庁捜査一課と所轄所の刑事がコンビを組み、猟奇殺人事件を追うと言うのが話の大枠であり、ここだけを読んだ人は世の中に氾濫するサイコサスペンスの派生に過ぎないと思うかもしれません。
ですが、この話のすごいところは、冒頭にも書いたとおり見事なまでにクズヒューメンがそろっており、そのどうしようもないやつらが、どうしようもないまま転落して行くと言う話であることです。

要するに、サイコサスペンスの皮を被ったエルロイですな、これ。

なんとなくミステリっぽいところもありますが、それはあくまでも話のアクセントに過ぎ無いですね。
どぎつい描写もそんなに多くは無く、意外とエンターテインメイントに仕上がっており、作者のバランス感覚に驚きます。

まあ、私の感覚がおかしいだけかもしれませんが…(馳星周とか大好きです)。

それにしても、見事なまでに変態しか出てきませんな…。最初は、ひえーとか心の中ではつぶやいてましたが、後半に行くにつれてどんどん慣れていくのが面白い、もとい恐ろしい。
もうごっついホモ描写も近親相姦もカニバリズムも平気で読めます。

こういうのも強さのインフレというのかなあ…。

|

« アイシールド21を買いました | トップページ | いやはや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/660206

この記事へのトラックバック一覧です: 小川勝巳を読む:

« アイシールド21を買いました | トップページ | いやはや »